FC2ブログ

--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年04月27日

熱き琢磨の走りを見よ!

キミ・ライコネンの独走の裏で、佐藤琢磨は最後尾で熱いバトルを繰り広げていた。
相次ぐリタイアで12番手までポジションをアップした琢磨は、ペースの上がらないマシンを前へ前へとひたすら走らせる。
13番手には、一周で3秒近くペースの速いレッドブルのデイビッド・クルサード。
国際映像は、しばらくの間琢磨とデイビッドのバトルをクローズアップする。

何と言っても印象的なのは、圧倒的にペースの遅い琢磨が必死でクルサードを抑えて走る映像だ。
誰がどう見ても、SA08Aは遅い。カテゴリの違うマシンじゃないかと思えるくらい、遅かった。
それもそうだ。ライバルチームはヨーロッパラウンドを前にじっくり開発を行い、マシンをアップデートしてきている。一方SAF1といえば、スペインGPが開幕する直前まで、レースに出走できるかどうかの瀬戸際に居たチームだ。

クルサードとのバトルは、そんな厳しい現実を、コースの上でまざまざと見せつけられたシーンだったといえる。
しかし、必死でマシンを走らせる琢磨を見ていると、今回も厳しい状況の中諦めずにレースに取り組んできたSAF1のすべてを見ているかのような、なんともドラマティックな気分になってしまった。

SAF1の将来は決して明るくはない。
来週には亜久里代表がホンダ本社との会談を持つという。
すべてはその会談で決定すると言っても過言ではなさそうだ。

しかし、こんな状況でもここまで ” レースのできる ” チームと琢磨が、このままF1のフィールドから姿を消すようなことになってしまって良いのだろうか?
それはF1にとって、ホンダにとって、そして何より我々ファンにとって、大いなる損失だと思えるのだが、いかがだろうか。

0804270067.jpg
C.SAF1




スポンサーサイト

| メイン |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。