--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月10日

琢磨のへレステスト、スタート

へレステスト2日目、琢磨がいよいよ走り出した。
3度目となるトロ・ロッソでのテスト、走り出してすぐにボーデのタイムを上回るスタートだ。



2008年12月10日

ヘレステスト、始まる。

今シーズン最後となる合同テストが、ヘレスにて始まった。

存知の通り、このテストには、みたび佐藤琢磨がトロ・ロッソより参加する。
初日はセバスチャン・ボーデーとセバスチャン・ブエミの二人がステアリングを握り、10日午後から11日終日にかけて佐藤琢磨がマシンを走らせる予定だ。

初日のテストでは、ブエミがトップタイム、ボーデーが2番手タイムを記録している。


2008年12月04日

琢磨、12月10日のテストに参加

いよいよ本決まりなのか・・・。

佐藤琢磨は、12月10日からのヘレステストに参加することが決定した。
勿論、チームはトロ・ロッソだ。
10日と11日の両日、ステアリングを握る予定だ。

トロ・ロッソは、その周辺でのドライバーラインナップ発表を明言しており、そこに琢磨が招へいされたということは・・・。



2008年11月26日

佐藤琢磨スペシャルインタビュー

佐藤琢磨F1復帰応援プロジェクト SIDE BY SIDE FOR TAKU では、バルセロナテストから帰国直後に行った、琢磨のインタビューを掲載している。

http://www.kansenzyuku.com/takuma/

来季のことやファンの事など、興味深いインタビューとなっている。

081126-01.jpgインタビューに答える琢磨



2008年11月26日

トロ・ロッソ、レッドブルの完全傘下に

レッドブルとトロ・ロッソはリリースで、現在レッドブルのオーナー、ディートリッヒ・マテシッツ氏とゲルハルト・ベルガー氏が共同で所有しているトロ・ロッソの株式について、その全てをマテシッツ氏が再び100%所有することで合意したと発表した。

マテシッツ氏はメディアに対し、注目されているトロ・ロッソの来季のドライバーラインナップについて 「 ひとりはブエミになるだろう 」 と発言している。
今回マテシッツ氏がトロ・ロッソの完全オーナーになったことで、セバスチャン・ブエミのレギュラーの座は確定と言って良いだろう。しかし、以前からこれは既定路線と理解されていたので今更驚くべきことでもないのだが、オーナーが完全にマテシッツ氏に代わった事で、のこる一つのシート争いにどのような影響が出るのかが注目される。

今回共同オーナーを降りたゲルハルト・ベルガーは 「 サトウについては、実は殆ど何も知らないんだ 」 と発言しており、琢磨にテストの機会を与えたのがマテシッツオーナーだったということを踏まえると、今回の件は琢磨に有利に働くのだろうか?





2008年11月25日

Takuma Club Meeting 終了!

22日東京、24日大阪の両会場で行われた Takuma Club Meeting 2008 は、今年も多くのファンに感動を残し無事に終了した。

バルセロナテストから直接日本に駆けつけた琢磨だが、時差の疲れもものともせず、元気イッパイな姿をファンに見せてくれた。
テスト直後とあって、その興奮がこちらに伝わってくるようなトークで、ファンにとっては素晴らしい時間となった。

詳細なレポートは、後ほどアップする予定。
琢磨のサイン入りグッズのプレゼントも予定しているので、お楽しみに!



2008年11月19日

来季のトロ・ロッソにふさわしいドライバーは?

F1公式サイトでは、現在 ” 来季のトロ・ロッソにふさわしいドライバーは? ” という投票を行っている。
選択肢は、セバスチャン・ブエミ、セバスチャン・ボーデー、佐藤琢磨の3人。
11月19日の時点では、ボーデーがトップで琢磨が2番手となっている。琢磨ファンのパワーで、琢磨に票を伸ばそう!

F1公式サイト

http://www.formula1.com/

トップページ左下、VOTE をクリック!




2008年11月19日

琢磨、充実のテストを終える

バルセロナ合同テストの二日目、琢磨のタイムは最終的に2番手タイムとなった。
トップタイムは本家・レッドブルのセバスチャン・ベッテル。琢磨はトロ・ロッソからテストに参加した3人の中で、堂々のトップタイムをマークした。

テストでは速さよりも中身、とは言え、中身も良くてタイムも良ければ尚良しなのは当然。
今回のテストは琢磨自身も大満足だったようで、現在やれることを全てやりきった、といった感じだろう。
今後、トロ・ロッソのシートがどうなるのかは天のみぞ知る、と言った感じだが、来季のシートゲットに向けて、最高の合同テストとなったことは間違いない。



≪ 前のページ | メイン | 次のページ ≫


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。